edenへの道

der weg nach eden ハンガリーの解剖医の話。 解剖医は朝4時半に出勤する。 仕事が気になる。 彼はこれまで恋愛感情というものを抱いたことはないが、家族は彼にとって心の憩い。 娘が失神を繰り返す。 脳に異常はない。 「解剖医は善人でなければならない。」 という職業倫理が繰り返される。 死体となり、物体として扱われる人間の皮膚、臓…

続きを読む