春、あおし。

太陽が心地よく セロトニンの分泌を促してくる。 閉じこもっているのはもったいないような昼下がり。 封筒を出し、 散歩がてら 花屋をのぞいてみる。 人気がない。 太い眉をハの字にこしらえ、くりくりとした眼に穏やかな光をたたえつつ小太りの男が店番をしていた。 男は迷彩柄の服を着ている。 カウンターの上では19才になるという白クロの雄猫が寝そべる。 警戒心のかけらもなく、手も足…

続きを読む

先週の投資など

241件。 一人では無理だったかもしれない。 ひょんなことから 助っ人が現れ事なきを得る。 奇跡はこんな感じで体現するらしい。 そして エロスに投資。 男女だろうと、女男だろうと、 男と女が存在し、 愛であれ、 欲望であれ、 創造の源にエロスがある限り、 時が変わり、 所を移しても、 エロは優れた投資案件であり続ける。 …

続きを読む